2024年5月17日 (金)

銭函駅

 函館本線銭函駅。札幌から小樽方向へ向かって10番目の駅だ。昔は間に桑園、琴似、手稲しかなかったから、周辺の宅地化によって6駅も増えた。官営幌内鉄道が北海道最初の鉄道として開業した当初からの歴史ある駅だ。行政上はここから小樽市になる。石狩平野が西に尽きて後志の山塊が海にぶつかる位置にあり、ここから小樽に向かって線路は断崖下を縫うように海岸線を通っている。銭函は昔からの札幌市民にとっては海水浴場のイメージだが、より古くはニシン漁で栄えたということで、あまりに即物的なこの地名もそれに由来しているという説だ。ホームには昔の銭函のレプリカ?が鎮座しており、おめでたいと思う向きもあるようで、入場券が縁起切符として人気が出たこともある。

 そんな近在の有名駅でありながらぼくが降り立ったのは今回が初めてだ。昭和初期に建てられた現在の駅舎はなかなか風格がある。駅前はロータリーになっていて、バス停もタクシー乗り場もある。駅は海岸に向いていて、住宅街は駅裏の台地を上った方向にあるので、アクセス客の需要があるのだろう。駅員が常駐しているJRの直轄駅だが、快速列車は停車せず、データイムは毎時2本の普通列車のみだ。上下対面の2ホームと退避用の中線をもつ。この中線は現在は、隣のほしみ駅始終着電車の折り返しに用いられており、ほしみに着いた電車はここまで回送されて中線で折り返してほしみへもどる。どうせならここまで営業運転すればよさそうだが、ホームで折り返せる配線にはなっていないのだ。

 

 

240517a
駅舎正面(最後の1枚以外2024.4.15)

240517b
駅舎内の改札口

240517c
駅舎側3番ホームから小樽方

240517d
駅舎側3番ホームから札幌方

240517e
3番ホームにある銭函

240517f
1番ホームの駅名標

240517g
小樽方踏切からみた中線折返し電車
(回166M~回165M、2024.4.26)

2024年5月13日 (月)

詰将棋パラダイス2024.5月号

 詰将棋パラダイス5月号、到着は5月1日。結果稿は2月分。おお、珍しく保育園から短大まで全題正解できた。先月号もまずまずだったし今年はなかなか出だし好調ではないか、と気を良くしたいところだが、いずれ暴露されるようにその後が尻すぼみの様相。今月の短大の期末問題なんてひとつも解ける気がしない。それはともかく最近また連名作品が増えてきた印象がある。入選扱いをどうするか編集部で協議するという話ではなかったかな。その後音沙汰ないところを見ると、現状追認となったのだろうか。

 話が逸れた。結果稿で記憶に残ったのはまず高6。これは難しかった。どうにも手が広いがまあ43銀だろうとは思う。同玉に42飛と打てば網に入ったかと思うと、どうやってもあと一歩詰まない。こんな手はないだろうと最後の最後にやってみた52銀が正解にはあきれた。ところがそれは変化で43銀には44玉とかわすのが作意だというから恐れ入る。その先も悪戦苦闘してなんとか解けたが、疲れた。この作者、切れ味鋭い短編作家という印象だったけど宗旨替えしたのだろうか。あとは短10も難しい。銀をどかして54桂と跳ねるんだろうな、すると当然焦点の中合がくると。ややこしい2段中合をクリアして一路右へ寄せるとまたしても歩中合、しかもこれをすかさず金打って動かすときた。やれやれ最後の歩が打ててぴったり詰んだと思ったところで、あれ、と気づく。同歩生ととられたら打歩詰ではないの。えーもう後戻りはできないから先へ進むしかない。そっかここで重複している77角を使うんだ、とめでたく取歩駒発生で今度こそ収束。いやすばらしいわ、これ。

 この月は、他のコーナーもきわめて順調で、彩棋会、フェアリーランド、推理将棋、将棋パズルと全題正解、デパートが惜しくも1題解けなかったけど4題正解。いったいどうしちゃったんだろうというくらい好調だった。あれは3か月前のことか...。2月は雪に降り籠められてあまり動けず、時間が有り余っていたのは確かだ。てことは時間さえあればなんとかなるのか。というのは将棋パズルの97番だ。これは時間かかった。磁石盤を持ち歩いて20日くらい考えた。正解者3名には驚いたけど、その短評で、他の方も何度も破綻を繰り返して苦戦したのだなとわかって笑った。いやこれはあきらめの悪い暇人だけが正解できたのでは。して今月号には上田吉一氏の何やら難しそうなステイルメイト問題が。これも持ち歩きかなと思ったけどそうでもなかった。上田氏といえば、今月号にはフェアリーランドにもステイルメイト問題が出題されていて、こちらは見かけによらず易しく楽しいのでお見逃しなく。

 あとはヒマネタ。詰将棋解答選手権チャンピオン戦の報告記事が載っていた。今年は4年ぶり開催で、えらく難しかったという話はあちこちで耳にしていたが、上位者成績表を見てへえと思った。錚々たる顔ぶれの若手プロ・奨励会員がずらりと並んで、最高点が古賀悠聖六段の73点。半分以上取れたのが12人しかいない。制限時間があるので1題平均18分で解かねばならないのだから大変なことだ。今年は難しすぎたという担当者の弁もあったが、差をつけるためにはあるていど難しい必要はあるので、さじ加減が難しいところだろう。また、難しいと部分解答や誤解答が増えるから、部分点や減点の具合が大きく効くだろう。今回の1位の73点は別として、2位の63.5点から8位の58点までは、0.5~2点ずつの僅差しかない。こうなるともう指運だな。ところで、今回は5連覇中の藤井八冠が出場しなかった。多忙だろうし都合がつかなかったのだろうが、メディア的にはがっかりした人も多かろう。いや、一番残念なのは優勝した古賀六段かも。「あの藤井さんが出なかった年でしょ」と言われかねない。

 今月の1作は上記の力作、短10弘中祐希氏作29手詰。銀ダンスの華麗な序奏から始まって、中合3回を繰り出して、最後のをペレでしかも不成で動かし、打歩詰打開で締める、という非の打ちどころのない構成。解けたときは放心した。

 

 240513
詰将棋パラダイス2024年2月号短期大学10番弘中祐希氏作

2024年5月 6日 (月)

四等三角点「礼文塚」

 点名とは裏腹に藪の中で見つからなかった「畑中」に続いて、張碓町へと足を延ばして「礼文塚」へ向かう。探訪日は同じく2024年4月26日。

 住所は張碓だが函館本線の張碓駅はとっくに廃止されている。もっとも元の張碓駅よりも銭函駅からアクセスした方が近い。銭函駅からは、「畑中」への順路である道道の鋭角交差点を直進し、国道5号に出る手前のT字路を右折する(I地点)。あとは道なりに北西方向へ直進し、礼文塚川の深い谷を迂回して渡ると張碓町にはいる。「畑中」からだと道営住宅角(D地点)までもどって右折し、高等支援学校の入口(F地点)を左折してつぎの信号(G地点)を右折するとこの道に出る。直進してきた道が国道5号に出る手前の印刷会社の角を右折する(H地点)。前方に墓地が見え、その手前にふれあい公園がある。銭函駅から約2.6キロ、ただし国道5号を歩いたほうが若干距離は短い。三角点は墓地の一番南側の列の5基目の裏あたりにあるはずだ。しかし、雪解け後の枯れ草をかき分けてみても地面には石がゴロゴロしているだけで、一向に標石らしきものは見あたらない。残念ながらここも撤退。

 点の記によるとここは1967年の設置。2006年の観測時の写真はほとんど現在と変わらないように見えるので、丹念に探せば見つかるかもしれない。点名の「礼文塚(れいぶんづか)」は川名にあるようにこのあたりの地名で、読みは「れぶんづか」が正しいように思う。点名に付されたふりながはときおりこういう齟齬がある。

〇四等三角点「礼文塚」
 成果なし

 

 

240506a
国道5号に出る手前の右折点(I地点)

240506b
右折した北西方向(I地点)

240506c
印刷会社の角の右折点(H地点)

240506d
右折した北方向(H地点)

240506e
公園とその先の墓地

240506f
墓地の横の三角点位置(矢印)

240505z_20240506174401
位置図(国土地理院地図(電子国土web)に一部記入)

«三等三角点「畑中」

CLICK !

  • おもしろ有機化学ワールド



twitter

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ