« 「犬坊里美の冒険」 | トップページ | エアロバイク »

2010年2月22日 (月)

「撮り鉄」暴走

「撮り鉄」って誰が言い出したのだろう。「鉄道マニア」→「鉄ちゃん」→略して「鉄」、その中の撮影派だから「撮り鉄」という流れかな。イザ!によれば「鉄道ファンには興味のある分野によって呼び名があり、乗車好きな「乗り鉄」、写真専門の「撮り鉄」、廃止間際の路線や車両を好む「葬式鉄」など多岐にわたる。近年では動画を撮影する「録り鉄」も増加している。」ということだ。いずれにしても語感悪すぎ。そのうえやってることも悪いと最近の一連の事件で世間的にも思われているだろう。
2月14日の関西線での「あすか」撮影者の線路内立ち入りがとうとう鉄道営業法違反(鉄道地内立ち入り)容疑で警察の実況検分という騒ぎになった。容疑者を特定して立件するのは難しそうだから、JR西日本の示威行動の意味合いもあるのだろうか。
線路内に立ち入って乗務員の退去指示にも応じなかったという話を最初にきいて、そんなことしたら轢き殺されるじゃんと早とちりしたのはぼくの間違いで、線路内というのは軌間という意味ではなく、複線区間の上下線の間ということらしい。
複線区間で踏切が二つに分かれているところもあるから、上下線間が十分開いていて線路からの距離がとれれば問題ないけれど、今回は狭いところに大勢がはいって危険だったということのなのだろう。このあたりの事情は森口さんのブログ「とれいん工房の汽車旅12ヵ月」に詳しい。
鉄道に限らない話だけど、なんかイベントがあるとわっと人が押し寄せるのってどうも理解できない。人と同じことしてそんなに楽しいだろうか。ぼくなら人と違うことを見つけてこっそり楽しむほうがずっといいけどな(性格悪いんで(笑))。

« 「犬坊里美の冒険」 | トップページ | エアロバイク »

ニュース」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

CLICK !

  • おもしろ有機化学ワールド



twitter

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ