« もずが枯れ木で | トップページ | 気の持ちようが難しい »

2010年4月17日 (土)

「はつかり」に一票

東北新幹線新青森延伸開業の日程が12月5日を軸に最終調整にはいったというニュース。いよいよだねぇ。
個人的には八戸乗換えが青森乗換えに変わるだけなのではっきりいってあまりインパクトないけれど。時短はともかくあとは「(スーパー)白鳥」の青森での座席転換をしなくて済むくらいか。これが新函館になれば乗換え1回で東京へ行けるうえに、あの長い青函トンネルを在来線で通らなくてもよくなるから大違い。2015年が待ち遠しい。
それはともかく、新青森延伸関連のニュースで気になったのは、あちこちのニュースサイトで、1960年にディーゼル特急「はつかり」が上野青森間を結んで以来半世紀ぶりに新幹線が開通、という表現がみられること。半世紀50年はキリがいいせいか、最初に誰かが不用意に書いて孫引きされているにしても、ニュースは正確にしてもらいたいものだ。いうまでもなく特急「はつかり」が上野青森間に走り出したのは1958年で最初は蒸気機関車牽引の客車特急だった。1960年は日本で初めての気動車特急としてキハ81系に置き換えられた年だ。
細かいことをいうやつと思う人もあるかもしれないけれど、ぼくのように国鉄時代に鉄道で何度も何度も本州を行き来した人間にとっては「はつかり」は特別に愛着がある。たぶん青森の人だってそうだろう。まあぼくの年齢でもさすがに初めて乗ったときはすでに583系電車化されていたけどね。81系時代に乗りたかったとは思う。
さて、気になるのは5月にも発表されるという新E5系速達列車の愛称名。「はやて」でいいじゃんという気もするけれど、JR東にしてみればせっかく新型高速車両投入するのだから話題つくりをしたいのだろう。九州新幹線が「さくら」になったし、ここは往年の名列車復活で「はつかり」をぼくは強く推したいな。東京青森間特急でそれ以外は考えられないし。たぶんはずれだろうけど(笑)。

今日のランニング。12.6km/80min。今月の累計距離57.1km。
あいの里公園の外周がほぼ走れるようになった。あと残雪区間が1mほど。

« もずが枯れ木で | トップページ | 気の持ちようが難しい »

ニュース」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

CLICK !

  • おもしろ有機化学ワールド



twitter

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ