« 機器分析化学 | トップページ | 入学式の夕空の贈り物 »

2010年4月 7日 (水)

「巴之丞鹿の子」

★★★★☆。1日1エントリずつブログを書く、というのは意外と難しい。書きたいネタが複数あることもあるし、何もないこともある。できるだけヒマネタで埋めるのは避けたいとは思うけど、そう毎日毎日起伏ある生活を送っているわけではないし。あ、今日がヒマネタというわけではなく、2日前に読み終えていた本の話を今頃書いているこれは言い訳。
読み終えて興奮冷めやらぬ時と、時間がたって落ち着いた時とでは評価も変わるだろう。ラブレターは出す前に朝もう一度読み返せというではないか。ぼくは読み返さずにえいっと出してしまう派なのだけど。
何の話だよ。そう近藤史恵、この人「凍える島」ではあまり感心しなかったが、これはいい。うまく説明できないんだけど、文体というかなんなんだろうな文章に引っかかりを感じるのは同じで、そこは気に入らないものの、登場人物の魅力がそれを補って余りある。
この捕物帳の主人公は玉島千蔭という優男っぽい名前の同心。これが名前に似合わずとんでもない堅物ときている。自分がそうというわけではないつもりだけど、ぼくは堅物大好き。民主党なら岡田克也(関係ないっ)。ぶっきらぼうな一挙手一投足についニヤニヤしてしまう。手下の八十吉と父親の千次郎の脇役がまた好対照でいい味を出している。このあたりの配役はうまいなあ。
ストーリーはちょっと無理がある気がするが、所詮はつくりものだから問題ない。並行する話が最後に収束するあたりもよくあるパターンだけど、目立った破綻もなくまとまっていると思う。願わくば2作目3作目と進んで千蔭が変貌してしまいませんように。

« 機器分析化学 | トップページ | 入学式の夕空の贈り物 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

CLICK !

  • おもしろ有機化学ワールド



twitter

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ