« エクササイズの計算法 | トップページ | 江袋教会復元落成 »

2010年5月 9日 (日)

初狩スイッチバック入線列車

 豊田車両センターの201系H4編成のさよなら運転第4弾「さよなら中央線201系(H4編成)初狩スイッチバック体験+笹子設備トレーニングセンター見学」(長いな)が8日に運転されたというニュース。201系には特段思い入れはないけれど、スイッチバックにはちと思い入れがある。中央線に最後に残る初狩駅のスイッチバックは旅客列車は入線しないから、乗りたくても乗られない。これは千載一遇のチャンスだったなあ。言ってくれれば乗りに行ったのに...、ともいかないけどね。
 ぼくのスイッチバック入線体験は、常紋(信)、大志田、浅岸、岩手石橋、赤岩、板谷、峠、大沢、東赤谷、中山宿、出山(信)、大平台、上大平台(信)、潮沢(信)、羽尾(信)、姨捨、桑ノ原(信)、湯田中、関山、二本木、鐘釣、中在家(信)、北宇智、滝山(信)、出雲坂根、坪尻、新改、本川内、立野、大畑、真幸、これだけかな(遠軽など平地の折返しは除く)。このうち今でも入線できるのっていくつあるのだろう。今でも思い出すのは、昔何の予備知識もなく篠ノ井線の普通列車に乗ったとき。1駅3信号場すべてでスイッチバック入線退避をしてびっくりした。
 行ったり来たりして停車するだけで、そんなものどこがおもしろいのかといわれるとまあその通りだけど、本線から外れてバックして止まるという妙味はすてがたい。常紋、滝山などは数少ない入線列車を探し出してわざわざその時間にあわせて乗りに行ったのだから物好きも極まれりというところか。
 どちらかというと、さあ山登りするぞという箱根登山、出雲坂根、立野などよりも、なんでこんなところにという北宇智とか本川内みたいなほうが好きだった。まあそうはいっても未乗の立山砂防軌道はいつかぜひ乗りに行きたいと思ってるけど。
 それにしてもいいなあ初狩...。

今日のランニング。26.4km/166min。今月の累計距離91.6km。

« エクササイズの計算法 | トップページ | 江袋教会復元落成 »

鉄道」カテゴリの記事

CLICK !

  • おもしろ有機化学ワールド



twitter

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ