« 交渉すべき相手は | トップページ | スマートフォンでおサイフケータイ »

2010年5月19日 (水)

「怪笑小説」

★★☆☆☆。
 たぶん、東野圭吾ということで点が辛くなったのだろう。並みの作家なら★3個かも。あれだけ多作だと全てが珠玉というわけにはいかないよね。
 こういうギャグ小説はどちらかというと好きな方だ。東野作品でも「名探偵の掟」とか「超・殺人事件」とかは大好きで、星4つ半くらいつけるだろう。この短編集もそれぞれのプロットは面白いのだけど、なんか読み終わっていまいちなんだよな。毒笑、黒笑と続編が出ているけれど、さらに読みたいという気にはなれない。中では「超たぬき理論」が一番まともに笑えた。「大相撲」もまあまあかな。あとは「一徹」と「しかばね台」は最初はともかく、結末が全然だめだし、「あるジーサン」は名作のパロディにしては中途半端。
 巻末に著者の解題がついているのは目新しいけれど、作品の背景を読まされるのははたしてプラスかマイナスかは微妙なところ。ぼくとしてはもっとハチャメチャな東野ギャグ小説を読みたかったのだけど、ちょっと期待外れだった。

« 交渉すべき相手は | トップページ | スマートフォンでおサイフケータイ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

CLICK !

  • おもしろ有機化学ワールド



twitter

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ