« 勝鬨橋 | トップページ | 「サクリファイス」 »

2010年6月 3日 (木)

2年越しの満願成就

 今年こそ願いかなって願成就院へ。我ながら執念深いというか。
 昨年の同じ時期にやはり東京で仕事があって、翌日休暇をとって伊豆の国市まででかけたものの、工事中で拝観中止という思いもよらない結果に終わった。なので今日はそのリベンジ。
 昨年は「踊り子」で伊豆長岡へ直行したが、今年は少し早起きして「こだま」で三島乗り継ぎ。伊豆箱根鉄道の電車を韮山で降りて手前から歩くことにする。すばらしい天気で半袖シャツで歩くにはちょうどいい陽気。
 1年前と変わらず車の多い街道を折れるとうそのように静かな参道へ、のはずが境内が何やら騒がしい。見るとちょうど小学生が記念撮影中。うーむ、オフシーズンの平日の朝だし、誰もいないだろうと思っていたら遠足とぶつかったか。やられたなあ。

Img_1065

 しばし周辺で時間をつぶし、小学生が去った後でゆっくり拝観。中央の阿弥陀如来はちょっとピンとこなかったけど、左右の毘沙門天、不動明王、二童子はメリハリの利いた力強い像ですばらしい。ここはなにより仏像のすぐ近くまで寄って見られるのがいい。2年がかりで宿題を解き終えた気分。
 その後、伊豆長岡駅まで歩き、バスで温泉街へ。次の目的地はかつらぎ山ロープウェイ。ロープウェイは鉄道ではないので乗りつぶし対象外だが、ついでがあれば乗るように心がけている。ここは日本ケーブルの自動循環式。

Img_1069

 頂上からは正面に富士山が見えるはずが(新幹線からはきれいに見えた)、残念ながらそこだけ雲に覆われていた。

Img_1080

 ところで、ロープウェイの途中の斜面に工事用の仮設モノレールが引かれていて急斜面をゆっくり動く搬器に人が乗っていた。あっちにもぜひ乗ってみたかった。

Img_1076

 下の方の斜面にはみかん山モノレールの線路も見えたし、なかなかに鉄分の濃いところではあった。
 帰りは昨年とは逆に伊豆長岡から直通の「踊り子」に乗る。窓口で切符を買うと社線発行の軟券特急券が出てきた。またこれもレトロだなあ。

Img_1083

« 勝鬨橋 | トップページ | 「サクリファイス」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

寺社・仏像」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

CLICK !

  • おもしろ有機化学ワールド



twitter

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ