« 時刻表 | トップページ | 薬頼み »

2010年8月18日 (水)

manacaとTOICA

 先週のことなので今さらではあるけれど、manacaとTOICAとの共通利用化が平成24年春から、さらにSuicaとの共通化が平成25年春から実施予定というニュース。
 manacaって聞いたことないけどなんだろうと思ったら、来春導入予定の名古屋圏の民鉄の共通ICカードだった。名鉄や名古屋市交通局など6事業者が参加予定だそうだ。名鉄と名古屋地下鉄は今でも共通磁気カードが使えるから、まあこれは妥当なところだろう。中京圏だから真ん中の意味でのネーミングだそうだ。Kitacaと同じ発想ね。
 JR東海のTOICAとの共通化は1年遅れというわけだけれど、とにかく1枚で中京圏の交通機関をカバーできるというのは当然の成り行きとはいえ便利だろう。しかし注目すべきは平成25年予定のSuicaとの相互乗り入れだ。こうなるとSuica最強だよな。交通系ICカードは各社乱立していて、出始めのころはあちこちでかけるたびに買っていたので、ぼくでさえ10枚近くもっている。それが最近はSuicaがあれば間に合うことが多いので買わなくなった。Suicaが使えるということはモバイルSuicaすなわち携帯でどこでも乗れるということで、この便利さははかりしれない。
 相互利用図をみると主だった鉄道系でSuicaで乗れないのは関西の私鉄すなわちPiTaPaエリアだけだろう。このためだけにICOCAを手放せないということになっている。あ、もうひとつあった。孤高の札幌市営地下鉄SAPICAはどことも共通化していないので当然Suicaでは乗れない。この全国的共通化の流れのなかで、同じ都市内でのKitacaとSAPICAが共通化計画すらない(構想はあるらしい)というのはなんなんだろうか。まったく利用者不在としかいいようがない。それどころかSAPICAは乗り継ぎ割引を実施している市電やバス(他社移管されたけど)すら乗れないんだから話にならない。

« 時刻表 | トップページ | 薬頼み »

デバイス・グッズ」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

CLICK !

  • おもしろ有機化学ワールド



twitter

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ