« 寝耳に「みずほ」 | トップページ | 花火の季節 »

2010年8月25日 (水)

「髻塚不首尾一件始末」

★★★☆☆。
 髻塚ねえ、髻などという字は読めないよ。
 安心して読める佐藤雅美のシリーズもののひとつ半次捕物控の文庫新刊。だけどこうなってくるとマンネリ化は避けられないか。たしかに蟋蟀小三郎のキャラクターは上出来だったけど、それでつないでいても限度があるので、今回は新たに風鈴狂四郎なる強敵が登場。だけど所詮は二番煎じというかキャラが重なるというか、今ひとつな気が。
 それと、話のひとつひとつは面白いし他の著者に比べれば水準を抜いているとは思うけど、今回特に感じるのは結末の性急さだ。収まりがつかなくなってどうなるのかというところで無理やり幕を引いてしまう強引さが目立つ。なので幕切れがあっけない。短篇だからといえばそれまでだけど、短篇だからこそなるほどと思わせる落とし所が重要なのでは。

« 寝耳に「みずほ」 | トップページ | 花火の季節 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

CLICK !

  • おもしろ有機化学ワールド



twitter

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ