« エスペランサ | トップページ | セザール・フランク »

2010年10月14日 (木)

直線ルート案

 今日は鉄道の日なので、鉄ネタで。
 何かないかいなと探したら、昨日のチリ救出騒ぎで忘れられていたニュースを掘り起こした。まあ大したことではないけれど、国交省の交通政策審議会中央新幹線小委員会でリニア中央新幹線の直線ルート案が優位であるとの試算が出された。
 常識的に考えたらそうだろうよな。技術問題や環境問題がクリアーされればわざわざ遠回りする必然性はまったく考えられない。地元の人にはまたそれぞれ要望はあるだろうが、何のために作るのかを考えれば大多数の利用者に関わる東京~名古屋間の速達性が最優先されて当然だろう。直線ルートにしてもいくつか途中駅はできるけれど、高速のリニア列車では途中停車による到達時分の延びやコストへの影響は大きそうだから、ほとんどの列車はのぞみ型?のノンストップになるだろうし、航空路線(実態は逆に地下鉄だけど)だと思えば腹も立たないのでは。長野県としては、新幹線ルートを取引材料にして、飯田~諏訪~松本あたりの在来線の高速化とリニア新幹線接続を画策した方がいいような。
 でも、東京~名古屋を40分はすさまじい速さだなあ。仮に飛行機を飛ばしたってそんなに早くは着けなさそう。完成予定が2027年だからあと17年。大阪までだとさらに18年とか。ぼくははたして乗れるのだろうか。議論ばかりしてないで早く作ってよ(笑)。

« エスペランサ | トップページ | セザール・フランク »

鉄道」カテゴリの記事

CLICK !

  • おもしろ有機化学ワールド



twitter

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ