« 全日本月間走り込み大会 | トップページ | 「ボトルネック」 »

2010年10月 4日 (月)

「死ねばいいのに」

★★★★☆。
 なんともひどいタイトルだな。iPad版電子書籍同時発売で話題となった本だけど、当然ぼくが読んだのはリアル版。
 つい先日は宮部みゆきの表現力に唸らされたばかりだが、別の意味で京極夏彦もすごいと思う。こちらは語り口のうまさというべきか。
 主人公の渡来健也が殺された鹿島亜佐美の知り合いに生前の話を聞いて回る話が連作になっている。それぞれの章はほとんどが会話文と話を聞かれる側の感想で成り立っていて、内容はつくりものっぽいのだけれど、会話体と相手の独白がすばらしくリアルでいかにも本物っぽくきこえておもしろい。描写力というか筆力というものだろう。
 のらりくらりとしたケンヤとの会話を通じて、それぞれの人間がいかに自己中心的で救い難いものであり、また口先だけの意気地なしであるかがあぶり出されてゆく。プーでニートのケンヤの方がよほどまともに思えてくるから不思議だ。だけど大多数の人間はひと皮むけばみんな同類なんじゃないか。もし、ぼくのところにケンヤが来てこんなふうに巧妙に誘導されたら、結局同じことになりそうでこわいけど(笑)。

« 全日本月間走り込み大会 | トップページ | 「ボトルネック」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

CLICK !

  • おもしろ有機化学ワールド



twitter

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ