« 未乗線区 | トップページ | 「捨てる神より拾う鬼」 »

2010年12月14日 (火)

グランクラス

 「はやぶさ」用E5系車両の車内がJR東の新幹線総合車両センターで公開されたというニュース。
 気になるのは、国内初のファーストクラス「グランクラス」。1編成に1両、ゆったりした座席が3×6列の18席しかない。1両にたった18席というとものすごい贅沢に聞こえるけれど、実際は先頭車両で車体の半分は長いノーズ部分だから、そうでもないのだが。アイマスク、スリッパ、毛布のほか弁当のサービスもついて、料金は東京ー新青森でプラス1万円だそうな。
 たった3時間ちょいで弁当やアイマスクまでいるのだろうか。いつも思うのだけれど、こんな豪華車両なら3時間といわずもっと長時間乗っていたい気がする。同じグリーン車に乗るなら「のぞみ」でなくて「こだま」というふうに。こういうのは貧乏症丸出しなのだろうな。でも、あの宮脇俊三さんですらグリーン車に乗るともったいなくて席を立つ気がしないとどこかに書いていたのだから、ぼくがそう思うのは無理からぬところだろう。まあぼくなどがそわそわ乗るような車両ではないことだけは確かだ(笑)。

« 未乗線区 | トップページ | 「捨てる神より拾う鬼」 »

鉄道」カテゴリの記事

CLICK !

  • おもしろ有機化学ワールド



twitter

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ