« 「告白」 | トップページ | 「利休にたずねよ」 »

2011年2月18日 (金)

納豆鑑評会

 う~む、おそるべき納豆パワー。お茶飲んでもコーヒー飲んでも歯磨きしても口の中から納豆感がなくならない。今日は朝から全国納豆鑑評会。全国から出品された納豆222種を評価して順位つけをする。ホテルの会場に222種の納豆が並んだ様は壮観だったが、さすがに審査員各人が200種以上を見るのは無理なので、30人の審査員を3部門にわけ、それぞれ70-80種を担当するしくみ。ぼくは大粒・中粒部門83点の割当だった。それでも83種は多い。目で見て、匂いをかいで、口に含んで食感を確かめる。延々その繰り返し。実際に食べるのは2,3粒ずつだから、総量にしても200粒くらいのものだけれど、その間1時間半以上にわたって納豆漬けになっているので、終わっても体が糸を引きそう。
 個人的な感覚で判断してよいといわれても、食べ進むにつれ何が何だかわからなくなってくる。多少は個性があるといったって所詮はみんな納豆だし。とてもすべてについて公平な評価は無理な相談だ。高得点を得て受賞した品は、商品に5年間受賞表示ができるのだそうだ。そういえば何とか賞受賞なんて書いてある食品をときたま見かけるけれど、このくらいの評価法で決めているならどんだけのもんかいなという気になる。
 結果発表の写真。携帯でとったので写りが悪くて申し訳ないけれど、壇上右側の人がぼくが学生時代とてもお世話になった1年先輩のHさん。茨城県工業技術センター勤務でいまや押しも押されもせぬ納豆の権威だ。今日の鑑評会にぼくなんぞがよばれたのは彼のお声かかり。よい経験をさせていただきました。そういえば上記鑑評会のリンク先の下の方の審査風景にアップで写ってるのはぼくですってのは内緒ね(笑)。

D1000035b

« 「告白」 | トップページ | 「利休にたずねよ」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

CLICK !

  • おもしろ有機化学ワールド



twitter

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ