« 最速乗り継ぎ | トップページ | 計画停電 »

2011年3月13日 (日)

「ラッシュライフ」

★★★★★。
 う~ん、おもしろい。ほんとに著者の才能を感じさせる。名作「オーデュボンの祈り」に続く作品ということで期待して読んだけど、期待にたがわぬ好作だ。こんどは架空の島ではなく仙台市内が舞台。そこで繰り広げられる複数の人生模様が微妙に重なり合い影響しあって、ひとつの収束へと導かれてゆく。一見無関係にみえるエピソードが、あとからあれはこの人だったのかと明らかになってゆく意外さと快感。前作とは違ってミステリ的要素は皆無だけれど、精緻に組み上げられた構造が解き明かされていく過程はまさにミステリの謎解きのようでもある。
 そして何よりの魅力は、強い弱いは関係なく正しいものは救われ邪悪なものは罰せられるという明快さだ。これはこの著者の称賛すべき特質だろう。象徴としての「桜」(オーデュボンの祈り)がいなくてもちゃんと神様のレシピには組み込まれている。池上冬樹が解説で看破している「清潔な倫理の確立」、まさにその通り。札束で頬を叩いてのし上がってきた俗物が、薄汚れた老犬に敗れ去るという痛快極まりないエンディングシーンがまさにそれを象徴している。そして、前作に劣らない豊饒な未来の予感を感じさせる爽やかな読後感。
 今日のランニング。13.2 km/95 min。今月の累計距離 37.1 km。

« 最速乗り継ぎ | トップページ | 計画停電 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

CLICK !

  • おもしろ有機化学ワールド



twitter

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ