« 勝てない勝 | トップページ | 「グレイヴディッガー」 »

2011年5月19日 (木)

ジンギスカン

 道外のお客さんが来てサッポロビール園で夕食。地元に住んでいるとかえってわざわざ来る機会はあまりなく、ここへ来るのは2006年11月の学会懇親会の時以来だから4年半ぶりだ。
 ビール園といえばジンギスカンなのだが、どうも様子がおかしい。電磁調理器のようなプレートに平らな鍋が載っていて、その周囲から煙がじかに吸引される仕組みになっている。なんか今風の焼肉屋を思わせる。メニューも、もみ生ラム醤油と塩とかいう面妖な肉が小ぎれいな皿に出てきて面食らう。生肉ジンギスカンはトレンドなのだろうし、ぼくもあちこちで食べていて一概に悪いとは思わないけれど、それがビール園ででてくるというのはちょっと別問題だ。
 ジンギスカンは、やはり凸型のナベで円形に圧縮したラム肉の薄切り円盤を載せて焼き、ベルのジンタレ(あ、これはビール園では無理か)で食べるのでなければ気分がでないよ。こんなのはジンギスカンじゃねぇ~、せっかくの生ビールの旨さが泣いているだろう、とかいいながらジョッキを5杯も飲んでしまったのだけれど(笑)。しかし、もう昔ながらのジンギスカンは大学構内でのジンパでしか味わえないのだろうか。

D1000080

« 勝てない勝 | トップページ | 「グレイヴディッガー」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

CLICK !

  • おもしろ有機化学ワールド



twitter

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ