« 無事復旧 | トップページ | アナログ終焉前夜 »

2011年7月22日 (金)

さくらのさくひ

 矢崎節夫/福原ゆきおのこの絵本、ぼくが大好きな一冊でいつも手元にある。
 水を吸う力を失って花を咲かせられなくなった桜の老木のために、もぐらが一生懸命水をはこんだのに力及ばず疲れて倒れてしまった...。
 「ごめんなさい。ぼくはもうだめだ。」
 「でも、もぐらはしらなかったのです。もぐらがたおれたちょうどそのうえでは、いまさくらのきがしずかにはなをさかせはじめたことを。」
 あきらめなければ、夢はきっとかなう。桜の咲く日がきっと来る。

« 無事復旧 | トップページ | アナログ終焉前夜 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

CLICK !

  • おもしろ有機化学ワールド



twitter

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ