« 暑中見舞い | トップページ | 茨戸 »

2011年8月10日 (水)

「チヨ子」

★★★☆☆。
 宮部みゆきの新刊は短篇集未収録作品5編の文庫版刊行。こういう落ち穂拾い的なものは作者の没後とかにかき集めて出されたりするものなので、多作で順調に新刊を出している宮部みゆきがなんで今という感あり。内容も水準作ではあるにしても特にどうということもなく、この著者にしては平凡。なんか出版社の事情でもあったのかね~。
 ちょっと意外性のある「雪娘」と「聖痕」、ほのぼのしたファンタジーの「オモチャ」と「チヨ子」、それと「いしまくら」はホラーなのかなあ。長さもまちまち、それぞれ単独で取り上げるには役者不足、なのでこれまで短編集からこぼれ落ちてしまっていた、というのがうなずける。まあ、そう思って読むからそうなのかもしれないけれど。その中でなんで一番短い「チヨ子」が全体の表題になったのかというと、インパクトあるタイトルなのと、短いながらまとまっていて発想がおもしろい点だろうか。確かに“ちょっといい話”っぽいファンタジー小編としてはよくできている。
 でもやはり宮部みゆきは長編作家だと思う。そろそろ「小暮写眞館」のような新境地長篇の新作を読みたい。

« 暑中見舞い | トップページ | 茨戸 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

CLICK !

  • おもしろ有機化学ワールド



twitter

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ