« 映画版「ゴールデンスランバー」 | トップページ | 48時間でできること »

2011年10月16日 (日)

「天使はモップを持って」

★★★★☆。
 近藤史恵のこれはまた別のシリーズ。ちょっとさえない新入社員大介と会社の掃除担当キリコの織りなす物語。30ページほどのごく短い短篇が8つ。それぞれは謎解きとはいっても底が浅くどうこういうものではないので、社内での大介のやりとりとか、ちょっとした不可思議状況の解決にキリコがどうからむかを楽しむ、というもの。
 こういう短編集に点が辛いはずのぼくが★4個つけたのは、キリコが魅力的に書けているから、なんだろうか。「シンデレラ」、かわいそうにありえないよな。そして最後の「史上最悪のヒーロー」。そんなことないよ、大介はちゃんとヒーローだったよ。めでたしめでたしじゃん。一瞬、あれれとだまされて読後感は良好。仲良くやんなさいよね(笑)。
 今日のランニング。21.4 km/149 min。今月の累計距離 103.8 km。

« 映画版「ゴールデンスランバー」 | トップページ | 48時間でできること »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

CLICK !

  • おもしろ有機化学ワールド



twitter

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ