« 同日開催 | トップページ | 「日本海」廃止 »

2011年12月15日 (木)

「鳥人計画」

★★★☆☆。
 東野圭吾の初期作品。今の尺度で計るのは酷かもしれないけれど、これだけのビッグネームにしてはやはり物足りない、と思ってしまう。ミステリとしての意外性はさておくとしても、タイトルそのままのストーリーの主眼であるスキーのジャンプ競技にまつわる選手改造計画。ここがなんか当たり前すぎておもしろくない。たとえば島田荘司ならもっとあっと驚く仕掛けを考えるのでは、と思ってしまう。できるかできないかはさておき、ありそうな話だと思ってしまったらとたんに退屈になってしまう。V字ジャンプ以前の古き良き時代のジャンプ競技へのノスタルジー以上でも以下でもないし、宮の森シャンツェや円山などが舞台になっていて何となくぼくとしてはローカルな親近感はわくものの、それが評価に響くというものでもない。
 殺人事件の犯人が早くに割れてしまって、違った意味の謎解きをするというひねった目新しさはあるし、最後にどんでん返しがあるので、ミステリ的にはまあまあではあるけれど、最後の真相はあまりに身勝手で後味が悪いのも残念なところ。

« 同日開催 | トップページ | 「日本海」廃止 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

CLICK !

  • おもしろ有機化学ワールド



twitter

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ