« 北海道新幹線 | トップページ | 「ルー=ガルー2」 »

2011年12月 7日 (水)

気仙沼線再建案

 なるほどね。それは確かに現実的な解決策だと思う。大震災で不通となっているJR気仙沼線を鉄道として復旧するのではなく、路盤を利用したバス専用道路にする案がJR東と国交省によって提案されたというニュース>。鉄道を再建するより費用は半額以下で復旧も早いとか。
 そもそもが鉄道としてとうてい採算に乗っていなかった路線なのだから、廃止、バス転換されたと思えばいいのだし、バス専用道にすれば渋滞や事故の危険性もなく、利便性もほとんど損なわれない。ただ、ぼくが乗ったことのある福島県の白棚線(廃線後のバス専用道)や奈良県の阪本線(未成線のバス専用道)に比べて気仙沼線の問題区間(柳津~気仙沼)は55 kmと距離が長いので、長距離乗車客の快適性は鉄道に劣るかもしれないけれど。
 そうなると八戸線、山田線、大船渡線、石巻線、三陸鉄道などの区間も同様の計画がでてくるのかな。さすがに常磐線クラスになるとバス転換というわけにはいかないだろうから、大幅に路線変更して鉄道再建ということになるんだろう。それにしても津波被害はそのうち復旧できるだろうが、放射能汚染地帯は次元が違うので迂回線をつくるにしても大変そう。福島県浜通りを「スーパーひたち」が駆け抜ける日ははたしてくるのだろうか。

« 北海道新幹線 | トップページ | 「ルー=ガルー2」 »

鉄道」カテゴリの記事

CLICK !

  • おもしろ有機化学ワールド



twitter

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ