« 「街の灯」 | トップページ | 壮麗の地 »

2012年1月31日 (火)

サラサクリップ

 シャーボXのジェルインク、エバーグリーンとブルーブラックの色合いに魅せられて以来、リフィルのインク容量が少なくてすぐなくなるのをいいことに、この2色をとっかえひっかえ愛用している。とはいうものの、もっと安価で長持ちするジェルインクボールペンを使えばいいのには違いない。幸い、ゼブラにはサラサクリップというジェルインクボールペンのシリーズがあり、全20色のバリエーションを誇っている。残念ながらエバーグリーンはないもののブルーブラックは含まれている。なんといっても1本105円なので惜しげなく使える。と、ここまではいいのだが、実際にブルーブラックを買ってみたらシャーボXの色と全然違うではないか。どちらかというとサラサの方がいわゆる万年筆のブルーブラックインクの色なので、シャーボXの方が名前がブルーブラックでもまったく異質の微妙な色合いだ。同じ名前つけるなよな紛らわしい。
 でも、全20色展開しているのだから中には似た色があるかもしれないと買いそろえて試してみたものの、青~緑系の8色(写真の左から、サラサクリップのブルーブラック、青、コバルトブルー、ペールブルー、ライトブルー、ブルーグリーン、緑、ビリジアン)の中には結局かするものすらなかった。不思議だ。どうせ顔料を調合して大量につくるのだから、同じ色を使い回して売り出せばいいのに。それともX用には他の安価なボールペンにはない色という差別化戦略でもあるのだろうか。
 というわけで似たようなボールペンをたくさん買ってしまったので、しばらくいろいろなメモや書き込み、添削、採点は微妙な色違いの青系で行われます。悪しからず(笑)。

Dsc_0016

« 「街の灯」 | トップページ | 壮麗の地 »

デバイス・グッズ」カテゴリの記事

CLICK !

  • おもしろ有機化学ワールド



twitter

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ