« 「奇面館の殺人」 | トップページ | 全面移行 »

2012年2月17日 (金)

東追分駅

 また石勝線で重大事故。上り貨物列車が東追分駅へ進入、下り特急との交換で停車の赤信号で止まれずに冒進して安全側線に乗り上げ、分岐部を覆っているスノーシェッドを突き破って止まったというから結構すごい。列車はDF200が牽引する15両編成で、東追分の手前で減速すべくブレーキをかけたが十分に速度が落ちず、1.5キロ手前で非常ブレーキをかけたが止まれなかったという。通常のブレーキのみならず非常ブレーキすらほとんど効かなかったというのは恐ろしい。旅客列車なら大惨事になるところだ。ATSも効いてないみたいなので運転ミスというよりハードウェアの問題なんだろうけど、複数系統のブレーキが同時に故障することは考えにくいので、スリップとか車輪がらみのトラブルだろうか。
 石勝線というと、昨年5月に部品脱落による特急列車のトンネル火災事故を起こしたのが記憶に新しく、JR北海道のWebのトップページにも未だにそのお詫びが掲載されている。そのうえ今回のこれではさぞや頭が痛かろうと思ったけど、そうか今回の列車はJR貨物だから別会社なんだ。それはともかく現場の東追分駅の下り方面の隣駅は川端駅といって、今は無人駅だけど以前はちゃんと切符を売っている有人駅で、ぼくはちゃんとそこで買った硬券入場券をもっている、というのはどうでもいい話だね(笑)。

« 「奇面館の殺人」 | トップページ | 全面移行 »

ニュース」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

CLICK !

  • おもしろ有機化学ワールド



twitter

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ