« 平均の意味するところ | トップページ | 木星と金星と月 »

2012年2月25日 (土)

「解体諸因」

★★★☆☆。
 最初に読んだ「七回死んだ男」がちょっとよかったので、続いて読んでみたけれどそれからははずれ続き。まあこれはパズラーとして読めばそれなりなのかもしれないけれど。
 最初の7編まではまあねえとしか言えない。次の「スライド殺人事件」はアホらしいけれど、ギャグとして読めばおもしろい。警部、部長刑事、刑事のおもしろおかしいやりとり、最後の刑事がクダ巻くところとか。そして、続く最終編にきて全体のフラッシュバックが使われるあたりはよくできていると思う。
 前に読んだ「彼女が死んだ夜」ではキャラがいまいち好きになれなかったので評価が下がったけれど、こうしてみるとギャグとかストーリーつくりとかは悪くない。もちろん好き嫌いなのでぼくの肌に合わなかったということなのだけれど、登場人物造型をもう少し工夫してくれれば結構いいセンいく作家なのになと思うけどね。
 今日のランニング。15.6 km/109 min。今月の累計距離 108.0 km。

« 平均の意味するところ | トップページ | 木星と金星と月 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

CLICK !

  • おもしろ有機化学ワールド



twitter

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ