« 春分点 | トップページ | 2020大相撲春場所千秋楽 »

2020年3月21日 (土)

札沼線の臨時列車

 本年5月6日の運転を最後に廃止が決まっている札沼線非電化区間(北海道医療大学~新十津川)に臨時列車が運転されるようだ。JR北海道のwebページにはまだ告知されていないが、Twitterの記事によると、今のところ明らかになっているのは4月末までの予定で、4月11日~26日の間の土曜日・日曜日と4月29日、30日で、所定が浦臼行きの5427Dを9427Dとして新十津川まで延長、折り返しが浦臼発の5428Dを1時間ちょっと繰り下げの上、新十津川始発9428Dとして運転される。時刻は以下の通り。

所定
5427D 石狩当別11:45→12:44浦臼
5428D 浦臼13:19→14:22石狩当別

変更(4月11,12,18,19,25,26,29,30日)
9427D 石狩当別11:45→浦臼12:46→13:09新十津川
9428D 新十津川14:06→浦臼14:30→15:39石狩当別

 5月分は未発表だが、たぶん最終日の5月6日までは運転されそう。廃止日が迫って、ゴールデンウイークには多くの人が集まるだろうだけど、気になるのはやはりCOVID-19の帰趨。札沼線については、すでに3月28日の「団体臨時列車「新十津川号」で行く新十津川町への旅」と4月4日、5日の「団体臨時列車 札沼線4町号に乗る当別町・月形町・浦臼町・新十津川町への旅」の2つのツアーの中止が発表になっている。もともと末端の浦臼~新十津川間は定期列車が1日1往復しかないので、上記臨時列車が取りやめになることはないと思うけど。ぼくは何度も乗ったことがあるし、コロナ騒ぎがなくても人混みは嫌いなのでおとなしくテレビで見ることにしよう。

200321
札沼線石狩月形駅(2011.8.26)

 

« 春分点 | トップページ | 2020大相撲春場所千秋楽 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春分点 | トップページ | 2020大相撲春場所千秋楽 »

CLICK !

  • おもしろ有機化学ワールド



twitter

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ