« 総長解任 | トップページ | 四等三角点「花畔下」 »

2020年7月 2日 (木)

ディスプレイ更新

 特定給付金の10万円をどう使おうかと考える。貯金なんてのは論外で、ここはコロナ禍で冷え込んでいる消費拡大に協力せねばならない。もともとなかったお金なのだからバーンとひとつ大盤振る舞いといきたいところではあるが、根が小心者で貧乏性ときているので、思い切った使い途を全然思いつかないのが悲しいところ。
 で、PCのモニタを買い替えたいなと常々思っていたのでまずはそのあたりからということになった。たった1万数千円にしかならないのだけど。長年愛用している旧ナナオのS170はとてもよいモニタでまだまだ使えるのだけれど、いかんせん1280×1024という解像度の画面は狭い。職場ではずっとワイドモニタを使っていたのでその操作性に慣れると特にストレスがたまる。というわけで、いろいろリサーチした結果HP24fwを選択。人気製品で5月頃には2ヶ月待ちとかだったらしいが、今はそういうこともなく、直販モデルが1週間ほどで届いた。
 箱から出してセッティング。HDMIケーブルを刺して、あれ刺さらない。PCのビデオポートにはDVIとHDMIがあるのだが、付属のHDMIケーブルが刺さらないではないか。変だなと老眼の目を凝らしてよく見ると、微妙に形状が違いDisplayPortと書いてある。ん?と調べてみると、なんとDisplayPortというのはHDMIとはコネクタ形状は似ているが違う規格ということがわかった。しかしなあ、PCまわりのインターフェースの多様化、不統一にはよく泣かされるが、PCに2個(DVI、DisplayPort)、モニタに2個(HDMI, VGA)端子があるのにいずれも直接つながらないとは...。幸い手近にあったDVI/VGA変換コネクタを使ってとりあえずつなぐことはできたが、結局DisplayPort to HDMIケーブルを追加注文する羽目になった。
 このPCにはずっとHDMIポートがあるものだとばかり思っていた。これまでのS170はDVI接続だったので気づかなかったのだ。やられたなあ。PCの知識はそこそこあるつもりでも、実はWin95時代からほとんどアップデートされていないという、爺トラップにはまってしまったの巻。

200702
雨の中を届いた箱

 

« 総長解任 | トップページ | 四等三角点「花畔下」 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

デバイス・グッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 総長解任 | トップページ | 四等三角点「花畔下」 »

CLICK !

  • おもしろ有機化学ワールド



twitter

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ