« 3人の差 | トップページ | 大学入学共通テスト初日 »

2021年1月14日 (木)

2020年の一冊

 昨年もやった前年読んだ本の振り返りを今年もやろう(中身についてはブクログの本棚をご覧ください)。

 2020年に読んだ本は計111冊ですべて紙媒体だ。実は手元のKindleの中には未読の本もはいっているのだけれど放りっぱなしだ。最後に読んだのが2016年3月だから、なんともう5年も前だ。111冊というのは実数で、上下分冊など複数巻のタイトルも含まれるので、実タイトル数でいうと86タイトルになる。その前の年(2019年)は112冊で101タイトルだったから、冊数はほぼ同じなのにタイトル数は15も減っている。昨年は長編をよく読んだのがわかる。というか、表にして比べてみよう(カッコ内は前年比)。

 総冊数 111(-1)
 タイトル 86(-15)
  ★5 5(-2)
  ★4 38(-4)
  ★3 42(-3)
  ★2 1(-6)
  ★1 0(0)

 ★数の比率は年によってあまり変わらないかな。★5個が5-6%であとは★4個と★3個が半々というところだ。そのうち★5個をつけたのは次の5タイトル。昨年も書いたけど、これは2020年にぼくが読んだというだけで、出版年月とは関係ない。古い作品も新しい作品もまじっているので、客観的な比較の意味はなく、個人的なものだ。

黒祠の島(小野不由美)
ザ・スタンド(スティーヴン・キング)
グリーン・マイル(スティーヴン・キング)
ねじの回転(恩田陸)
死亡通知書 暗黒者(周浩暉 )

 5つ選ぶとこうなるかあ。スティーヴン・キングと恩田陸は昨年もランクインしているのはさすがだ。ジェフリー・ディーヴァーも読み続けているのだけれど、今年は一つもはいっていない。全作水準が高すぎて突出したのを選びづらいのかもしれない。それを思えばスティーヴン・キングはすごい。ここからベスト・ワンを選ぶとなるとどうするかな。えいっと決めて2020年度junkchem大賞は、「グリーン・マイル(スティーヴン・キング)」としよう。

210114
2020年に読んだ本(ブクログより)

« 3人の差 | トップページ | 大学入学共通テスト初日 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3人の差 | トップページ | 大学入学共通テスト初日 »

CLICK !

  • おもしろ有機化学ワールド



twitter

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ