« 三等三角点「発寒」 | トップページ | 四等三角点「大橋南」 »

2021年6月 4日 (金)

日本最古の観覧車

 ぼくは趣味が高じて日本中の鉄道軌道全線を乗ってしまった鉄ちゃんだけど、別に鉄道だけに特化したファンではなく、動く乗り物ならだいたい何でも好きだ。なので観覧車も好きで、機会があればできるだけ乗るようにしている(確か前にも書いたよなと探したら、10年も前の記事だった)。

 だから日本最古の観覧車が函館公園にあって、いまだに稼働中という話は知っていた。けれど函館は何度も行ってるのに乗ったことはおろか見たこともない。観覧車ファンの風上にも置けない。こういうのはいつかそのうちなどと言ってると、いつのまにかなくなってしまうことが多いので、早いうちに行っておかなければならない。遠いところじゃなし。と思いつつも忘れていたらほら見たことか。観覧車どころか函館公園にある「こどものくに」そのものが存続の危機に瀕していることを最近知ってびっくり。新型コロナ感染拡大による利用低迷が主因とのことだが、関係者によるクラウドファンディングが始められていて、幸いなことにすでに目標額をクリアーしているというのでとりあえずは一安心。

 しかし、こういうレトロなアトラクションはいつなくなってもおかしくないのも事実だ。一過性の支援だけでなく、利用者を増やすことが根本的には大事だろう。あの搬器8台のおとぎ話のような観覧車。爺婆だけで乗るのはちょっと恥ずかしいが、孫と一緒なら大威張りだ。自由に動けまわれるようになったら、ぜひ乗りに行きたい。

 

« 三等三角点「発寒」 | トップページ | 四等三角点「大橋南」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

デバイス・グッズ」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
「観覧車通信」の福井優子です。
拙ブログをお読みいただいているとか。光栄です。ありがとうございます。
函館公園のこどものくにの観覧車にも、ぜひ乗ってあげてくださいね。
小さいですが、意外と眺望がいいですよ。

コメントありがとうございます。
福井さんご本人のお目に留まるとは思いませんでした。びっくりです。
いつでも行けると思うとなかなか行けないもので、こんどこそ移動自粛が解除されたら孫を連れて乗ってきたいと思います。
今週の「最高の最下位」、楽しみにしております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三等三角点「発寒」 | トップページ | 四等三角点「大橋南」 »

CLICK !

  • おもしろ有機化学ワールド



twitter

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ