« 2021.12月の総括 | トップページ | 寅のつく駅 »

2022年1月 2日 (日)

区間新記録

 年明けの1月2日といえば、まいど芸がないが箱根駅伝。でも今年はちょっとつまらなかった。往路優勝は青学大。なんだまたかという感じ。昨年はまさかの(すみません)創価大が往路優勝で、復路も最終10区にはいるまでは首位でぶっちぎりの総合優勝かとだれもが思ったところが...、思わぬ結果だった。今年は選手層の厚さを誇る青学大に対して、2位の帝京大は2分37秒、3位の駒沢大は3分28秒、4位の国学院大は3分43秒と差が開き、ニュースによれば追う立場の各大学はもうなかばあきらめムードだとか。そういわれると明日の観戦も力が入らないな。

 今日唯一あっぱれといいたいのが1区をトップで走った中央大の吉居大和選手。記録は1時間0分40秒。2007年にあの佐藤悠基選手(当時東海大2年)が樹立した記録を15年ぶりに破る新記録。テレビ解説の席上にいつもの中央大OB碓井哲雄さんがおられないのが本当に残念だった。このところ成績が振るわない古豪中央大にあって、これは昨年9月に亡くなった天国の碓井さんに捧げる堂々の区間新記録だ。

 

 220102
1区公式記録(箱根駅伝webページより)

« 2021.12月の総括 | トップページ | 寅のつく駅 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2021.12月の総括 | トップページ | 寅のつく駅 »

CLICK !

  • おもしろ有機化学ワールド



twitter

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ