« 詰将棋パラダイス2022.5月号 | トップページ | 急行「花たび そうや」号 »

2022年5月14日 (土)

厳選スーパージャイアントvol.1

 ついに出たニコリのスーパージャイアントだけを集めた傑作選。ニコリのパズルをやっていると、やはりより大きいサイズのものをとエスカレートしていき、1ページ大の大判パズルを集めた別冊パズル・ザ・ジャイアントシリーズを買うようになる。それでも飽き足らなくなると、2ページ大のスーパージャイアントということになるのだが、これは本誌の付録にしかないので欲求不満が募ろうというものだ。そんな声に応えて満を持しての発売だ。

 さてどういう体裁になっているのかなと開けてみると、ニコリ本誌と同じサイズの紙の折ケースに通常は巻末に二つ折りで綴じられているスーパージャイアントの色印刷紙が。綴じないままでバサッと20枚はいっていた。大判地図を折って紙カバーに差し込んで本の体裁にしてあるやつがあるが、ちょうどあんな感じだ。ぼくはいつも本誌から切り取ってA4紙にコピーしてから解いているので、切り離す面倒がなくてうれしい。

 裏表印刷が20枚で計40問。パズルの内訳はニコリのwebページにも載っているが、ニコリ本誌既発表作の再録ということなのに、初出の一覧が見つからなかったので以下に書き出してみた。バックナンバーをたくさん持ってるよという人や、過去に解いた問題はすべて暗記してるぜというスーパーな人は参考にしてほしい。

 カックロ(126-5, 140-5, 128-5, 138-5, 116-5, 124-5, 94-5, 118-5, 120-5, 90-4)
 スリザーリンク(139-7, 131-8, 143-7, 113-8, 119-7, 97-7, 117-7, 103-7, 89-7, 109-8)
 ぬりかべ(139-7, 97-6, 93-6)
 へやわけ(100-7, 144-7, 115-6)
 美術館(138-7, 105-19, 116-6)
 天体ショー(107-6, 112-4, 136-7)
 ましゅ(141-7, 121-6, 110-6)
 ナンバーリンク(111-21, 99-7)
 フィルオミノ(101-6, 123-20)
 浮き出しメイロ(92-2)

 時期でいうと、89号(2000年冬)から144号(2013年秋)までが収録範囲となっている。ぼくの手持ちのバックナンバーでは1題だけすでに持っているのがあった。10年以前ということで、最近のパズルではシャカシャカ、のりのりあたりの新しいのがラインアップから外れているのはわかるが、ましゅがあるのなら同時期登場のヤジリンもいれてほしかったな。あと、カックロとスリリンが定番で収録数も多いのは納得だけど、この値段(税込み1760円)なら欲をいえばこの2種についてはハイパージャイアント(4ページ大)の新作を裏表で収録してくれてもよかったのでは。それはともかくこれからしばらく楽しめるぞ。

 

 220514
ケースと内容物

« 詰将棋パラダイス2022.5月号 | トップページ | 急行「花たび そうや」号 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 詰将棋パラダイス2022.5月号 | トップページ | 急行「花たび そうや」号 »

CLICK !

  • おもしろ有機化学ワールド



twitter

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ