« 四等三角点「四季」 | トップページ | 農試公園 »

2022年7月26日 (火)

四等三角点「工栄」

 四季のみちの終点にある「四季」に続いて、そこから歩いて20分ほどの「工栄」へ。探訪日は同じ2022年7月21日。

 四季のみちの終点(A地点)のすぐ先に北海道電力の総合研究所がある。その前を北へ進むとすぐに石狩川沿いの道道1056号に突き当たり、右手に石狩大橋がみえる(B地点)。左折して下流方向へ歩いて行くと、左側一帯は工業団地となっていて、角に「マルナカ」の看板のある交差点に出る(C地点)。看板の礎石の正面に黄色の表示標が立っていて、その前に三角点がある。一見すると見えないが、礎石と表示標の交点あたりの草を少しはがすと、コンクリートの表面舗装があらわれ、その横に花崗岩の標石上面があった。

 ここも近隣の四等点と同じ2005年8月の設置。点名の工栄は工栄町という町名に由来する。

〇四等三角点「工栄」
 北緯 43°07′31″.1522
 東経 141°31′35″.5869
 標高(m) 8.06

 

 220726a
四季のみちの終点(A地点)

220726b
石狩川沿いの道路に突き当たる(B地点)

220726c
マルナカの看板のある交差点(C地点)

220726d
看板の礎石の正面、黄色三角標識との交点あたり

220726e
標石

220726f
位置図(国土地理院地図(電子国土web)に一部記入)

« 四等三角点「四季」 | トップページ | 農試公園 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 四等三角点「四季」 | トップページ | 農試公園 »

CLICK !

  • おもしろ有機化学ワールド



twitter

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ