« PPM | トップページ | 三等三角点「島松村」 »

2023年7月22日 (土)

札幌江別大橋

 わが家のある北区あいの里地区を横断する茨戸福移通は、道道128号札幌北広島環状線の一部だが、この道道は未整備区間があってまだ開通していない。そのうち西側は、石狩街道と手稲の追分通を直結する新道が現在建設中で、すでに創成川架橋もほぼできあがっている。一方東側はというと、東区中沼までは立派な片側2車線道路が開通しているが、そこで途切れている。その先は豊平川があって、そこに札幌江別大橋(仮称)を架ける計画があることは、札幌うぉーく点描のブログで知っていた。その計画がいよいよ着工に向けて動き出したというニュースがはいってきた。

 豊平川を渡った先は江別市角山で、ちょうど石狩川と豊平川の合流点を頂点とする三角形の部分だ。三角形の底辺にあたる国道275号から南側は江別市街で、工場地帯や住宅地が広がるが、三角形部分は農地が広がっているだけだ。どうというところではないが、ぼくが個人的に気になるのは、ここに三等三角点「川端」があるのだ。残念ながら2010年の最終確認時に「傾斜」とされて、以後成果公表停止となっているのだが、廃点になったわけではないのでいつか現地確認してみたいと考えている。しかしここは遠い。うちからは直線距離で6キロほどしか離れていないのに、道のりにすると20キロ近くある。豊平川に雁来大橋より下流に橋がないせいだ。その最短距離に近い場所にいよいよ橋が架かるのだから行きやすくなる。

 橋が架かるといっても来年度から調査を開始するということなので、道路の開通は2036年度というから、まあ年寄りにとっては気の遠くなるほど先のことだ。そのうえ気になることには、地図を見ると道道128号の計画部分がちょうど三角点あたりを通過するようになっている。そうなると、工事に伴って成果公表停止になっているような過去の三角点は、掘り返されて廃点になってしまうかもしれない。うーむ。行くなら工事の始まる前に行かねばならないな。とても橋が架かるまで待ってはいられないのか。

 

230722 
計画図(北海道webページより)

« PPM | トップページ | 三等三角点「島松村」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« PPM | トップページ | 三等三角点「島松村」 »

CLICK !

  • おもしろ有機化学ワールド



twitter

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ