« 特急の全車指定席化 | トップページ | 四等三角点「豊野」 »

2023年11月23日 (木)

三等三角点「北二号」

 新篠津の三角点歩き、前半は函館本線上幌向駅から新篠津村中心部を経て「宍粟」まで歩き、しんしのつ温泉からバスで上幌向へもどった。その続きの後半は、上幌向駅からバスで新篠津バス停まで行き、そこから歩いて学園都市線北海道医療大学駅へ抜けた。2回合わせると上幌向駅から北海道医療大学駅まで歩いたことになる。通しで歩いても18キロ弱なので歩けないことはないが、急ぐ旅でなしのんびり歩いたというわけだ。その後半の一つ目は、新篠津市街地から西へ道道を2キロ進んで「北二号」へ。探訪日は2023年10月13日。

 上幌向駅前の国道沿いにある上幌向バス停からしんしのつ温泉行きのバスに乗り、新篠津バス停で下車。所要約15分、バスは速い。新篠津バス停は、町の中心を通る道道81号からしんしのつ温泉方面へ左折する信号交差点(A地点)の角にあり、バスは交差点をショートカットするように斜めに抜け、その途中にバス停と待合所がある。バスを降りて、交差点(A地点)を西方向へ歩く。4ブロック進むと方向標識のある大きな交差点に出るが、その150 mくらい手前に左に折れる地図にない小径があるのでそこへ左折する(B地点)。小径を100 mくらい歩くと右手の農地の斜め屋根の倉庫の横に出る畦道があるので、そちらへ右折する(C地点)。畦道を進むと倉庫の手前左側に表示杭と標石が見える。

 点の記によれば、ここは1947年に旧設置、1978年に再設置となっている。古い地図では現在地よりも少し南側に三角点記号があるので(新旧地図十字線位置)、大正時代に設置したものを昭和に入って移転したものだろう。保護石はなく柱石のみで、柱石は白くてきれいだが、天面が汚損しているのが残念だ。なお、点の記の地図には小屋(倉庫?)が2つ並んでいるが、右側のはなくなっている。点名の「北二号(きたにごう)」は道道81号に指定されている区画路の名称だ。

〇三等三角点「北二号」
 北緯 43°13′16″.7338
 東経 141°37′08″.1972
 標高 (m) 8.31

 

231123a
バス停「新篠津」のある角(A地点、正面が西方向)

231123b
4ブロック先の交差点の150 m手前(B地点)

231123c
左折した南方向(B地点)

231123d
100 mほど進んだ右折点(C地点、矢印方向へ)

231123e
右折して畦道を倉庫方向へ(C地点、矢印位置に三角点)

231123f
倉庫の手前の三角点

231123g
反対側から見たところ

231123h
標石

231123z
位置図(国土地理院地図(電子国土web)に一部記入)

231123zz
新旧地図比較(HINATA GISより, 左が1916年)

 

« 特急の全車指定席化 | トップページ | 四等三角点「豊野」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 特急の全車指定席化 | トップページ | 四等三角点「豊野」 »

CLICK !

  • おもしろ有機化学ワールド



twitter

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ