« パズル通信ニコリ185号 | トップページ | 詰将棋パラダイス2024.1月号 »

2024年1月10日 (水)

2023年の一冊

 恒例の前年読んだブクログ登録本の振り返り(→2022年版)。

 2023年に読んだ本は計111冊(実数)。すべて紙媒体で、上下巻をまとめた実タイトル数でいうと92タイトルになる。2022年は100冊で80タイトルだったから、約1割増だった。内訳は以下の通り(カッコ内は前年比)。

 総冊数 111(+11)
 タイトル 92(+12)
  ★5 9(-1)
  ★4 30(+5)
  ★3 50(+9)
  ★2 3(-1)
  ★1 0(0)

 ごくおおざっぱにみて★3個が6割、★4個が3割、★5個が1割というところ。毎年書いているように、これは2023年にぼくが読んだというだけで、元々の出版年月とは関係ない。古い作品も新しい作品もまじっているので、客観的な比較の意味はなく、個人的なものだ。
 ★5個をつけたのは次の9タイトル。

東亰異聞(小野不由美)
自由研究には向かない殺人(ホリー・ジャクソン)
じんかん(今村翔吾)
裏切り(シャルロッテ・リンク)
八本目の槍(今村翔吾)
雷神(道尾秀介)
幸村を討て(今村翔吾)
フロスト始末(R・J・ウィングフィールド)
古書の来歴(ジェラルディン・ブルックス)

 例年のことながら、たくさん読んでいる海外ミステリが少ない。母数が多いと点数が辛くなるのかも。なかで、フロストものは別格として、裏切りと古書~は力作だと思う。自由研究~は少しおまけだな。
 さてベストワン選び。今村翔吾が3冊もランクインしているので、そこから選ばないわけにはいかないだろう。ということで、2023年度junkchem大賞は「じんかん(今村翔吾)」ということにしておく。ぼくは石田三成びいきなので「八本目の槍」も捨てがたく、最後まで迷ったがもう指運ということで。

 

 240110
2023年に読んだ本(ブクログより)

« パズル通信ニコリ185号 | トップページ | 詰将棋パラダイス2024.1月号 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パズル通信ニコリ185号 | トップページ | 詰将棋パラダイス2024.1月号 »

CLICK !

  • おもしろ有機化学ワールド



twitter

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ