« 四等三角点「銀鱗荘」 | トップページ | 四等三角点「勝納」 »

2024年6月 6日 (木)

四等三角点「桜」

 小樽築港駅からの三角点めぐり、「銀鱗荘」の次はさらに坂を上って「桜」へ。探訪日は同じく2024年5月22日。

 「銀鱗荘」からは平磯公園の角まで来た道を少し戻る(C地点)。ここを左折(駅から来た場合は右折)して、さらに13%の急坂を上る。ちょうど上りきって下り坂に変わるあたりのT字路を右に折れる(D地点)。曲がった先はさらに急な16%の上り坂だ。道なりに歩いて若竹公園の横を曲がり、桜町中学校前を過ぎると交差点に出る(E地点)。そこを直進して少し行くと右手に桜第2高区配水池があり、入口に構内立入禁止の看板が立っている。幸い三角点はフェンスの外の土手上にある。看板のちょうど真裏のあたりの草むらをかきわけると、白いパイプの横の地面に上面舗装枠と標石が見つかる。「銀鱗荘」から1 kmくらい。

 点の記によれば設置は2005年と新しい。このあたりは坂を上りきった山すそで、小樽築港駅から直線距離で1 kmほどだが、標高差は100 mもある。点名の「桜(さくら)」は、付近の町名だ。

〇四等三角点「桜」
 北緯 43°10′18″.5921
 東経 141°01′32″.7380
 標高 (m) 106.31

 

240606a
平磯公園の角までもどる(C地点、手前が「銀鱗荘」側)

240606b
公園の角を曲がった上り坂(C地点)

240606c
上り切ったサミットから右折(D地点)

240606d
右折するとさらに上り坂(D地点)

240606e
道なりに進んだ交差点(E地点)

240606f
桜第2高区配水池(看板の裏に三角点)

240606g
全景

240606h
標石

240605z_20240606172201
位置図(国土地理院地図(電子国土web)に一部記入)

« 四等三角点「銀鱗荘」 | トップページ | 四等三角点「勝納」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 四等三角点「銀鱗荘」 | トップページ | 四等三角点「勝納」 »

CLICK !

  • おもしろ有機化学ワールド



twitter

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ