« 朝里駅 | トップページ | 四等三角点「銀鱗荘」 »

2024年6月 3日 (月)

朝里神社

 小樽市朝里地区の三角点歩きの途次、たまたま前を通りかかったので寄ってみた朝里神社。きわめて簡素な造りで、鳥居と本殿のほかはなぜか用をなしていない屋根付きの手水鉢があるだけで、狛犬も由緒書きもない。もちろん無住。まあいなかの神社だからなとお参りして、帰って調べてみてびっくり。

 北海道神社庁によれば、天保5年(1834)創立という。何度か移転ではない遷座しているので元の位置はわからないが、そんなに歴史が長いのか。北海道神宮の前身である札幌神社ができたのが明治にはいってからだから、それよりずっと古い。たしかに小樽が開けたのは札幌より早いからなと納得。もっとちゃんとお参りしてくればよかった。

 

240603a
朝里小学校を向いた正面(以下すべて2024.5.1)

240603b
本殿

240603c
重厚な手水鉢

240603d
境内から鳥居側を見る


位置図

 

« 朝里駅 | トップページ | 四等三角点「銀鱗荘」 »

寺社・仏像」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 朝里駅 | トップページ | 四等三角点「銀鱗荘」 »

CLICK !

  • おもしろ有機化学ワールド



twitter

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ