カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の記事

2022年9月 5日 (月)

4回目接種

 新型コロナワクチンの4回目接種については、現在のワクチンが流行中のBA.5株に対応していないこともあって、あまり気乗りしないのも事実だ。今月からはオミクロン株にも対応した二価ワクチンが提供される予定とあっては、そっちを待った方がいいんじゃねという気もする。一方でその二価ワクチンはBA.1に対応したものでBA.5に対する効果は低いという話もある。結局、ウイルスの変異のスピードにワクチン開発が追いついていないってことじゃないか。これではわれわれ一般人は判断のしようがない。札幌市のわれわれの年代の4回目接種率は9/2時点で49.9%だそうで、みんなの揺れ動く胸の内を反映しているかのようだ。

 ネットをいろいろ探したら、阪大の忽那賢志氏の「オミクロン株対応ワクチンの接種開始まで待った方が良いのか?現時点で分かっていること」という8/28付記事があって、これがすこぶるわかりやすい。カップヌードルの比喩など秀逸で、難しい専門知識の一般向け解説のお手本のようだ。で、肝心の結論は、先の見通しが立たないのでとりあえず打っておくのがよさそうとのことなので、近所のクリニックに空きがあったので今日出かけて接種を受けてきた。

 よしよし、これでモデルナ→モデルナ→ファイザー→ファイザーの順で4回目を完了だ。と思いきや、同じ著者のアップデート記事「オミクロン株対応ワクチン これまでに分かっていることと、まだ分かっていないこと Q&A」が9/4付で公開されていたのを知った。え、なんだよもう打っちゃったよ...。

 

 

220905
文中9/4付記事より

2022年9月 2日 (金)

2022.8月の総括

 酷暑の昨年とはうって変わって、今年は夏らしい暑さがほとんどないうちに8月が終わってしまった。8月の真夏日日数は昨年は11日もあったのに、今年はたったの1日それも30.5 ℃だった。ただ、月平均気温は22.7 ℃で昨年(22.9 ℃)とあまり変わらない。暑からず寒からずの適度な日が続いたという印象だ。ただし雨は多く、月降水量は233 mmと昨年(108.5 mm)の倍だった。

 ブログの記事でわかるように8月はせっせと岩見沢に通っていた。一昨年から始めた路傍の三角点めぐりももう70点を越えた。どこも同じような四角い石を見て歩くのの、どこがそんなに楽しいのかと思われているだろう。たしかに三角点の標石はどこも似たようなものだが、そこへ至るまでの町歩きや郊外歩きがとても楽しい。岩見沢なんて(失礼)観光客はほとんど行かないだろうし、札幌の人でもグリーンランドかせいぜい岩見沢公園のバラ園くらいしか行くことはないのではないか。

 今回岩見沢市郊外を初めて歩いてみて、ちょうど収穫真っ盛りの広大なタマネギ畑に目を奪われた。北海道では北見市が全国1位の生産量というのは知っていたが、岩見沢市も北海道で5位(北見圏を除けば富良野市に次いで2位)の生産量だと初めて知った。今年は出来がよさそうで立派なタマネギを満載した籠が山のように積まれていた。こういうことは行ってみなければわからない。岩見沢郊外の農地はほとんど水田だろうくらいにしか思っていなかった無知が恥ずかしい。

 8月の記録 (7月比)
  エクササイズ日数 27 (+3)
  走行距離 (換算km) 158.3 (+11.3)
  総エクササイズ (Ex) 235.1 (+6.4)
  体重 (kg) 64.5(-0.4)
  体脂肪率 (%) 14.8 (+0.2)

 

 

220902
8月の成果

2022年8月22日 (月)

いいのかな

 タイトルをみてすぐに何が浮かぶだろう。
 何かよくないことなんだろうと思った人は旧人類、何かいいことなんだなと思った人は新人類だ。
 この「いいのかな」に代表される「~かな」という表現が、テレビのインタビューとかコメントとかの話し言葉のなかで最近多用されていてとても耳につく。この表現自体は昔からあったが、昔はどちらかというと否定的なニュアンスで「そんなことしていいのかな(いやだめだろう)」という感じだったのが、いまは肯定的で「こうすることがいいのかな(たぶんいいんだ)」という意味になってしまっている。「いいのだ」と言い切るよりもやわらかく、断定を避けたがる現代感覚にマッチしているのだろう。しかしねえ。ぼくはこの言葉遣いを聞くといつも、深く考えないで天真爛漫に頭の中にお花畑が咲き誇っている人のような印象を受けてしまう。この人大丈夫なのか。
 きっと同じことを思っている人がいるに違いないとネットで検索してみたら、探し方が悪いのか意外と見当たらなかったのだけど、ひとつだけど真ん中にヒットしたブログを見つけた。なんと2015年のエントリだ。いやあそんなに前から問題視していた人がいたとは。ぼくなど周回遅れもいいとこだな。失礼しました。

 

220822
写真はイメージです 

2022年8月 2日 (火)

昭和64年1月竣功

 まあどうでもいいようなネタだけれど。
 7月末に幌向の三角点めぐり(これについては後ほど)をしたときのこと。幌向駅北方の碁盤の目に区画された農地を歩いていて、小さな排水路にかかる橋を渡った(お茶の水第3排水路の小野田橋)。何の気なしにこんな小さな橋にもついている欄干というかガードレールの銘板を見てびっくり。昭和64年1月竣功とあるではないか。昭和64年は1月7日に天皇が崩御して翌1月8日から平成に改元されたので、年初の1週間しかない。つまりその真冬の正月早々に竣功したということになる。その年の正月の祝賀行事が自粛されていたから土木工事はやっていたのだろうか。あるいは実際の竣功は平成になってからだけど、用意されていた銘板の修正はされないままだったのだろうか。平成から令和はあらかじめ決められていたからこういうことはないが、それ以前は改元日が当日まで確定できなかったからこういうことになる。西暦にすれば何の問題もないのに。

 

220802a
お茶の水第3排水路小野田橋

220802b
橋名表示

220802c
竣功年月表示

220802d 
位置図(国土地理院地図(電子国土web)に一部記入)

2022年7月31日 (日)

2022.7月の総括

 昨年は7月後半から猛暑が続き、真夏日が連続18日に猛暑日が2日もあって、さすがにバテた。今年はどうなることかと思って戦々恐々としていたが、今年の7月は前半型で、真夏日日数は前半5日、後半2日の計7日となった。これでも例年よりは暑い夏だと思うけれど、昨年に比べればずいぶん楽だ。今日は今年最高の気温となったがそれでも32.9 ℃だ。

 昨年は肋骨不全骨折というアクシデントがあって7月前半はほとんど走れず、後半は暑さでやはり走らない日が多かったので、7月は大幅に運動量が落ちた。今年はそんなことはないはずだったのが、こんどは持病となりつつある左足甲の疲労骨折(第四中足骨)が再発して、やはりあまり走れなかった。2019年までは7月というと100キロマラソンの月だったのが嘘のように最近は低調だ。もっとも体調が万全でもコロナ禍でここ3年レースそのものが中止になっているのだが。

 7月の記録 (6月比)
  エクササイズ日数 24 (-4)
  走行距離 (換算km) 147.0 (-54.9)
  総エクササイズ (Ex) 228.7 (-29.1)
  体重 (kg) 64.9(+0.5)
  体脂肪率 (%) 14.6 (-0.5)

 

 220731
今年はガクアジサイは元気

2022年7月28日 (木)

農試公園

 昨日は好天に誘われて懸案だった農試公園へ行ってきた。農試公園はJR琴似~発寒中央間の北側、琴似発寒川右岸にある公園で、その昔このあたりにあった農事試験場の跡地につくられている。そのすぐ隣のこれも試験場の跡地に国家公務員合同宿舎があって、うちは1984年から1991年まで2年間の海外出張期間を除いて正味5年あまり住んでいた。子どもたちが小さかったので、遊具で遊び、交通コーナーで自転車に乗り、ちゃぷちゃぷ広場で水遊びをし、トンカチ広場で工作をし、とよく利用させてもらった。すぐ横の発寒川畔の歩道はぼくのいつものランニングコースでもあった。とても懐かしい。

 こんどは孫を連れて遊びに行こうと思い、その前にどうなっているものか下見がてら出かけて行ったというわけだ。いってびっくり。お目当てのちゃぷちゃぷ広場は改修工事真っ盛りで、来年まで閉鎖とのことだった。下見してよかった。それ以外は昔とそう変わっていなくて、静態保存されているD5111号機も傷みが目立つものの健在だった。ただ、往時は40棟近く林立していた公務員宿舎のほうは、その後省庁別に分割され大半が取り壊しのうえ土地も売却されたとは知っていたが、公園寄りの10棟ほどが残るだけで、しかも見たところ空き家ばかりに見えた。ぼくらが住んでいた棟も跡形もなくなって跡地には大きなマンションが建っていた。30年という年月はそういうことだ。

 

 220728a
木陰豊かな園内

220728b
元岩見沢第2機関区のD5111(後方は今も残る宿舎棟)

2022年7月15日 (金)

つどーむ運動会

 昨日はこの春から幼稚園年少組になった上の孫の初めての運動会。なんと会場がつどーむときいて驚く。いまどきの幼稚園ってすごいな。会場が広いおかげで観覧者制限もなく爺婆も大手を振って応援に出かけてきた。運動会なんて下の子の小学校以来だから23年ぶりだ。いやあおもしろいわ、ほんと。年少組はかけっことかダンス玉入れとか親子競技とかくらいだけど、年長組のリレーなんか手に汗握る展開でマジ見てても熱はいった。関係ない子なのに(笑)。

 しかしこんなところでやったら会場費がかかって大変なんじゃないだろうかと心配になる。で、調べてみたところびっくり。屋内グラウンド全面使用の利用料金は、アマチュアスポーツ・レクリエーション等で入場料を徴収しない場合、高校生以下だと平日午前12000円、午後16000円となっていた。つまり幼稚園の運動会なら全日28000円で借りられるのだ。ずいぶん安いんだな、これなら借りられる。となるといっそ札幌ドームはってのも気になる。こちらは201人以上だと一律イベント料金というのになって...、いやいや調べなきゃよかった。

 

220715 
つどーむ大運動会

2022年6月30日 (木)

2022.6月の総括

 6月も終わり、ということは今年も半分が終わったのか。ボーナスもでたし(ぼくはないけど)、夏本番を迎えてこれからだ、というときに残り半分というのもなんか水を差された感があるな。まあ、まだ半分もあると考える人になればいいのだが。
 出だしにつまずいた5月に比べて6月は無事に過ごせたのでいろいろと例年並みになった。エクササイズ記録もまずまずで、走行距離も200キロを越えている。本来ならもっと増えてもいいのだけれど後半雨模様の日が多かったこともあり、こんなところだろう。なにより、昨年は最後の日にランニング中転倒して骨折というアクシデントがあったけれど、今日は同じコースを無事に走り終えられた。よしとせねば。
 昨年はこのケガと記録的な暑さで7月は運動量ががくっと落ちたけど、今年はどうなることか。

 6月の記録 (5月比)
  エクササイズ日数 28 (+2)
  走行距離 (換算km) 201.9 (+21.1)
  総エクササイズ (Ex) 257.8 (+27.6)
  体重 (kg) 64.4(-0.2)
  体脂肪率 (%) 15.1 (+0.2)

 

220630 
父の日第2弾(左端のコリアンダーがこわい...)

 

2022年6月25日 (土)

ディズニープレミアアクセス

 この話はどこかで聞いていた気がするが、あらためて記事を読んでみると、なんだかなあと暗澹たる気になった。

 東京ディズニーランドとディズニーシーで、追加料金2000円を支払うと行列に並ばなくても優先的にアトラクションに入れるというプレミアアクセスというサービスだ。ぼくは行列に並んで待つのが大嫌いな人間なので、よくある有名な飲食店などで並んで待つ人の気が知れない。正確に言うと待つのが嫌いなのではなく、それほどまでして何かを得ようとするこだわりがないのだ。並んで待つくらいなら待たなくてもいい店で済ませるので十分だ。どうせ違いがわからない三流人間なもので。

 なので行列に並ぶことはあまりないのだが、20年ほど前に一度だけ行ったことのある東京ディズニーランドでは別だった。どのアトラクションも並んだ並んだ。入場している時間のうちほとんどは行列にいたといっていいと思う。しかし、不思議とそれが苦にならなかった。ディズニーランドは夢の国で、中にはいればそこは別世界。まわりがあまりに非日常なだけに時間の流れが気にならないうえに、列で待っている間も客を退屈させないような工夫が凝らされていたためだ。さすがディズニーランド、すごいな、他の遊園地とは全然違う、と感心したものだ。

 そんな入園料さえ払ってはいれば、中はすべて無料でみんなが平等だった夢の国。お金持ちもそうでない人も同じ列に並んで待っていた。そこに、2000円払えば裏口からこっそりはいれますよというサービスができたのだ。家族5人で1万円プラス、それくらいなら払ったって痛くもかゆくもない、もちろんそういうニーズがあるのだろう。金さえあればなんでもできる、夢がかなう夢の国というわけだ。拝金主義、堕落、といわずしてなんといおう。夢の国も地に落ちたものだ。ぼくはどうせ二度と行かないからいいけれど。

 

2022年6月19日 (日)

父の日

 今日6月第3日曜日は父の日。ということで娘たちからプレゼントが届いた。もちろん父親の嗜好はよく知っているので届くのはどれもこれもビールばかり。今年もあちこちのクラフトビールが届いたので、しばらくは居ながらにしてご当地の味を楽しむことができる。毎年毎年ありがたいことだ。
 母の日、父の日があるのなら祖母の日祖父の日もあるのだろうかと調べてみたら、祖母の日は8月8日、祖父の日は2月2日という説があった。それぞれ、ばあば、じいじからきているのだとか。語呂なら母の日、夫婦の日の方が近い気がするが...。もちろん孫の日というのもあって、そちらは10月第3日曜日、敬老の日の1か月後ということだった。
 父の日のお祝いのお返しはもう孫の日にするしかないなあと考えて、いやまてよ、そんなこといったら1年中毎日が孫の日みたいなものだしなと思い直す(笑)。

 

 220619
第一弾。赤味噌って...。

より以前の記事一覧

CLICK !

  • おもしろ有機化学ワールド



twitter

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ