カテゴリー「大学・教育」の記事

2022年4月28日 (木)

20万円じゃなくてもいいんだって

 北海道大学エルムの森プロジェクトという壮大な名前のプロジェクトの寄附依頼と案内が札幌同窓会(北大農学部の同窓会)から届いた。エルムの森プロジェクトというのは、農学部本館のすぐ東側にある歴史的建造物である旧昆虫学及養蚕学教室と旧昆虫標本室を改修のうえ、北海道ワイン教育研究センターとして利用しようというものだ。このセンターは、北海道のワイン産業振興のための教育研究を推進するための産官学プロジェクトの拠点として設置されるもので、建物の補修費用3億円のうち国庫補助による1億円を除いた残り2億円に北大フロンティア基金による寄附金を充当する計画となっている。先日の報道発表では1口20万円で寄附を募っているとあったために、金額に対する問い合わせが殺到したそうで、今回の案内では金額に指定はないことが改めて明記されていた。
 趣旨には賛同するにしてもさすがに1口20万円では二の足も三の足も踏む人が多かったものとみえる。20万円寄附すれば北大産ハム・ソーセージやシードルを木箱に詰めた都ぞ弥生セットを返礼品としてお届けするという企画がひとり歩きして、最低20万円のような印象を与えてしまったために、追加で訂正のお知らせを送付したということらしい。20万円くらいポンと出せそうな要職にある同窓生が1000人くらいは....、いないのかな。ということで金額は問いませんからどうかご協力を。え、お前はって?(笑)

 

 

2022年1月28日 (金)

試験監督受難

 う~ん、しかしこれは全国の試験監督を震撼させる事件だな。
 一部で天候の影響があったものの、大きな混乱もなく無事に終わったと思われていた共通テスト。世界史の問題の画像が試験中に複数の大学生に解答依頼で送られていたというからびっくり。画像の角度や解像度などから、発覚しにくいスマートグラスなどのウエアラブル端末では、すわ組織的犯行か、などと憶測を呼んでいたが、わかってみれば単独犯で、単に上着の袖の下からスマホで撮った動画から静止画を切り出して送信していたのだという。

 となるとこんどは、撮影だけならともかくこれら一連の動作を試験時間内に行って、なんで見つからなかったのだろう、という疑問がわく。試験監督は何をしていたのかと。いやいや、それほど簡単な話ではないんだなこれは。試験会場や座席配置にもよるけれど、試験監督は何でも見えるかというとそんなことはない。受験生が顔を伏せて屈みこむように机に向かっていたら、手元なんかほとんど見えやしない。ただでさえ集中を乱すとかいって机間巡視を制限されているのに、近づいて手元をのぞき込むわけにもいかない。

 あやしいと思っても個別注意はできないことになっていて、全体に向けて注意喚起をすることしかできない。よほど物証とか自信をもって現行犯と確定できないと、個別に摘発するのは難しいだろう。なにより勇気がいる。今回、容疑者が名乗り出たことで試験会場が特定されるから、当然そこの試験監督が事情聴取されるのだろうな。もう気の毒としか思えない。別にさぼっていたわけではないだろうに。まさか懲戒処分なんてことはないだろうけれど、寛大な処置をお願いしたい。

 ぼくも現役時代は何度も試験監督をやったが、あれほどいやなものはない。何より緊張するし、無事に終わってあたりまえ、何か問題が起きたら大変だ。分厚い事例集なんて渡されたって覚えきれるものではないし、とっさの対応を迫られることもある。たいていは何事もなく終わるけれど、何回か試験時間内に問題が起きたこともある。今思い出してもぞっとする。ほんと受験するほうがよほど楽だと思った。試験監督に駆り出される全国の先生方、本当にごくろうさまです。

 

220128 
問題の画像(東大生提供)(読売新聞

 

2021年12月25日 (土)

七十従心に向けて

 10月下旬のある日、元の職場のI氏から、同窓会誌に寄稿してくれないかという依頼メールがはいった。北大農学部には札幌農学同窓会という同窓会組織があり、2年に一度同窓生の寄稿を集めた会誌を発行している。今年がその発行年にあたるのだ。だまっていても原稿が集まるなどということはないので、その時期になると各学科長から研究室あてに原稿を書いてくれそうな卒業生を推薦するようにと号令がかかる。ぼくも現役時代はそのたびごとに心当たりの卒業生にお願いをして回ったものだ。因果は巡る。そのお鉢が今度はこっちへ回ってきた。

 しかしこんな時期だったかな。しかも〆切が11月第1週だという。もう10日ちょっとしかない。いくらなんでもそんな急な依頼はありえないだろう。同氏は同窓会の理事も務めているそうだから、これはなんらかの急な事情で原稿が足りなくなったのだな。無理なら断っていいとのことだったけれど、どうせ暇はあるでしょと足元を見透かされているのが見え見えだ。I氏とは長い付き合いだし、それより何よりこれまで卒業生たちにさんざん寄稿依頼をしてきた手前、自分は書きませんとは口が裂けても言えず、引き受けることとなった。

 その寄稿「七十従心に向けて」が掲載された札幌農学同窓会誌2021年第25号が出来上がって、昨日届いた。A5判204ページという分厚さにまず驚く。むむと思って2年前の前号を引っ張り出してみたら、全138ページだったから1.5倍近い増量である。なんだよ、こんなに内容が充実しているならぼくなんぞのしょうもない駄文なんて不要だったのでは。しかも送稿後に編集担当のH氏からたってのお願いがあって、いらぬ写真まで送ってしまったし。それはともかく力作が並ぶ本誌は読みでがあるので、機会があればぜひ手に取って...といいたいところだが、同窓会員以外が目にする機会はほとんどないかも(過去の会誌会報類を札幌同窓会のwebページで公開する計画はあるらしい)。

 

211225
札幌同窓会誌第25号 

2021年1月16日 (土)

大学入学共通テスト初日

 結局センター試験と何が変わったのかよくわからない大学入試共通テストの今日が第1回の初日。おりしも北海道北部は猛吹雪の悪天で、稚内市にある稚内北星学園大学会場での試験は中止となり、30日に再試験が行われることになった。明日の2日目はいまのところ実施予定だそうだ。1会場がまるまる再試験になるのは、共通一次試験以来初めてのことで、前代未聞の珍事となった。

 天気が相手ではいかんともしがたいので、誰が悪いというわけではないが、そもそもこんな時期に全国統一試験を行うのがやっぱりおかしい。あまりにも環境が違いすぎるし、これで公平性が担保されていると言えるのだろうか。雪国の受験生はどれだけ神経をとがらせてストレスを抱えていることか。稚内市在住の受験生はまだしも、近隣町村から前泊して臨んでいる高校生だっているだろうに、また2週間後とは負担だってバカにならない。

 大学入試センターのwebページによると、北海道は札幌、江別、千歳、岩見沢、小樽、苫小牧、室蘭、函館、旭川、名寄、稚内、帯広、釧路、北見の各市に試験場が設置されている。ずいぶんあるようだが、振興局(旧支庁)でいうと、桧山、留萌、日高、根室管内にはひとつもない。どういう区域分けになっているかわからないが、たぶん桧山の子は函館、留萌は旭川、日高は苫小牧、根室は釧路まで受験しに行くのだろう。稚内はまだ会場があるだけいいともいえる。

 釧路の人口減の話を書いたばかりだが、桧山はすでに鉄道がないし、留萌も廃線前提に協議中、日高、根室も単独では維持困難線区だ。政府の施策には地方創生、子育て支援、教育の機会均等など、耳障りのいいお題目が並ぶが、はたしてこういう地方で子育てをする意欲が湧くものだろうか。

210116
稚内北星学園大学の告知(大学webページより)

2020年12月 2日 (水)

第41回石橋湛山賞

 このほど、著作『日米地位協定――在日米軍と「同盟」の70年』(中公新書、2019年)で第41回石橋湛山賞を受賞された琉球大学の山本章子准教授のことがニュースになっていた。

 授賞式は10月23日なのになんで今ごろと思ったら、大学Webページに掲載される受賞コメントの、
「地位協定の最前線に立たされるのが国ではなく自治体であることがこの問題の本質。国が国民を守らないから、地方自治体が住民を守るために苦心しなければならない」、
という部分が大学側に当初問題視され、「誰が見ても誤解を生じさせない内容にする必要があった」という理由で、表現を改めるよう要請されたのだが、受賞者の拒否によってそれが撤回されて、結局12月1日になってそのままの形で掲載されたという話だ。

 原文はしごく妥当な内容で、誰が見ても誤解が生じようがないわかりやすい表現としか思えないので、そのまま掲載されることになったのは当然だろう。沖縄の米軍基地問題については、国と県の意見が合わない部分が多々あるし、こういうことがあると琉球大は国立大学なので国の方針に配慮しなければならないこともあるのではと勘繰ってしまう。もとより学術研究は国にも県にも媚びずに独立してあるべきものであり、毅然とした山本氏の姿勢は当然としかいいようがないが。

 この受賞著作は実はぼくも読んでいて、感心した話はブクログに書いた。とても読みやすく考えさせられる。未読の方はぜひご一読をお薦めしたい。石橋湛山記念財団のwebページにあった受賞者略歴によると、氏は北海道出身とのこと。同じ道産子の一人としてまことに誇らしい。受賞おめでとうございます。

 

2020年10月25日 (日)

黒沢先生の訃報

 以前のエントリで坂村貞雄先生の訃報を北大時報で知った話を書いたけど、こんどは名誉教授黒沢悦郎先生の訃報が、同じ北大時報の8月号に載っているのを見つけた。時報は毎月Webで公開されているが、めったに読みにいくことはないので、今まで知らなかった。しかも亡くなられたのは昨年12月24日(享年93歳)だという。

 黒沢先生はずっと理学部で教鞭をとられていて、ぼくは教養部の授業で有機化学を教わった。この授業がぼくの大学での有機化学との出会いであり、そのときの強烈な感動が後々自分の専門分野を決めるときの最初のきっかけとなった話は、札幌同窓会誌に書いて、おもしろ有機化学ワールド(化学よもやま話「科学の美しさ」)にも公開しているので、そちらをご覧ください。

 拙著「ビギナーズ有機化学」のまえがきに、有機化学のおもしろさを教えていただいた方として、黒沢悦郎、正宗 直、市原耿民、西田進也の諸先生のお名前を掲げて感謝の意を表してあるが、これで4人全員が鬼籍に入られたことになる。謹んでご冥福をお祈りいたします。

201025
野の花寄せ植え(画像と記事は関係ありません)

 

2020年10月15日 (木)

ホームカミングデーセット

 寒い一日。朝、手稲山が初冠雪といっていた。平年より1日、昨年より22日早いそうだが、昨年は記録的に遅かったのであって、まあこれが平常だろう。すでに雪虫が飛び始めているし。
 時雨模様の日が続いていたので、外を走ったのは4日ぶりだ。夕方の気温は10 ℃を切っていたし、風が吹いて、長袖ジャージに薄手の手袋をはめても寒いくらい。ついこの間までTシャツで走っていたのがうそのようだ。
 やれやれと家に帰りついたら、北大からごほうびが届いていた。ホームカミングデーセット。今年のホームカミングデー2020は9月26日の予定だったのがコロナ禍で中止になり、希望者に資料とトートバッグを送付するのみとなったもの。トートバッグはこの時勢に何かと便利。ちょっと色合いが地味でせっかくのデザインが目立たないのが惜しいけど、ありがたく使わせていただきます。

201015
送付内容

 

2020年9月20日 (日)

北大鉄研50周年

 昨日、レターパックで立派な冊子が届いた。開けてみて厚さと重さにびっくり。北海道大学鉄道研究会50周年記念誌だ。内容も豊富でとても1日では読み終わらない。懐かしい写真がいっぱい。
 北大鉄研は1970年の創部で今年50周年を迎えた。計画されていた特別列車運行などの記念行事はすべて新型コロナ騒動のために中止となり、かろうじて記念誌のみが発行された。これだけのものを執筆・編集するのは大変なご苦労だったろう。中心となった現役生たちに心からの敬意と感謝を贈りたい。
 ぼくが鉄研に入会したのは北大に入学した1973年だから、まだできたばかりの頃で創部メンバーがまだ在籍していた。クラーク会館集会室であった毎週の例会に集まるのは10数人と小規模だったが、気安い先輩同輩後輩方ばかりで楽しい時間を過ごさせてもらった。
 当時はまだ蒸気機関車が現役で走り、北海道内を隅々まで走っていたローカル線も健在で、本州連絡はもちろん青函連絡船だった。現在の大幅に縮小されてしまったJR北海道の路線網、それもさらに廃止計画が進んでいる状況をみるとまさに今昔の感がある。50年の年月は長い。その長い時間をメンバーを入れ替わり入れ替わりしつつ走り続けた北大鉄研50年、おめでとう。

200920
北海道大学鉄道研究会50周年記念誌

 

2020年7月16日 (木)

3ヶ月ぶり

 今日は歯科定期検診日。といっても3ヶ月ごとで本来は4月の予定だったのを、コロナ自粛で1回スキップしているので、1月から半年ぶりだ。ついでにガタガタしていた義歯を修理してもらって快適になった。
 その足で3ヶ月ぶりに北大図書館に行って、やっと借りていた本を返してきた。こちらもコロナ禍でずっと閉館していたのが一昨日に再開館したばかり。まだ学外者は利用不可で、館内もものものしい警戒態勢が敷かれている。代わりにまた何か借りて来ようかなとも思ったが、またそれを返しに来たりということを考えると二の足を踏んでしまう。ぼくは一応学内利用者に分類されてはいるものの、不要不急利用者には違いないので今回は遠慮しておこう。
 北大内の新型コロナウイルス対応は先週末から一番ゆるいレベル1に引き下げられて、ほぼ通常に近い運用になったものの、今日の昼前のキャンパス内はまだまだ人の行き来が少ない。学内者というよりも観光客などの学外者が少ないせいだろう。そういえば、図書館前はマラソンコースになるので道路の舗装がきれいになっていた。さて来年の今ごろはどうなっているだろうか。

200716
道路はきれいになったが人は少ない

 

2020年7月 1日 (水)

総長解任

 長らく宙ぶらりんの状態が続いていた北大総長の座、ついに文部科学大臣から名和前総長に解任の通知が発出された。前総長の度重なる問題行為について、総長選考会議が昨年7月に「総長たるに適しない」と解任申し出をした事案について、文科省で精査した結果がこの通知となったそうだ。総長が休職したのは2018年暮れだったから、1年半もの間公式には不在状態が続いていて、諸行事も代行者が行うという異常事態がこれで解消されるのだろうか。名和氏は不服のようで司法の場で争う意向もみせているそうだけど。
 国立大学の総長が文科相に解任されるなどというのは前代未聞の不祥事だが、いったい何がどうなっているのか、ぼくの退職直後のことなので情報が全然はいってこなかった。というより、これまで学内教職員や学生にもきちんとした経緯説明がなされていないようなので、これまた異常としか思えない。
 今回、大学から出された公式文(pdf)をみても、具体的な説明は一切されておらず、「平成29年4月の総長就任直後から,威圧的にふるまう,過度に叱責する,合理的な理由もなく予定をキャンセルする,不必要な業務を指示する,研究者倫理に反し著作権を侵害することを命じる,合理的な理由もなく前言を覆す,入札の公正さを害するような言動に及ぶといったものであったほか,本学の役職員倫理規程に違反する行為も認められた。」などと書かれているのみだ。
 たしかに著作権侵害とか入札の公正さ阻害とかは問題だろうが、それ以外は客観性がなくどうとでもとれる内容に思える。ぼくは名和氏とは会合で1,2度同席したくらいでほとんど知らないし、別に肩を持つわけではないが、解任という重大な結論を出すからには、具体性に乏しい通り一遍の理由ではなく、もう少し詳細を審らかにしてほしいものだと思う。

200701
北大構内

 

より以前の記事一覧

CLICK !

  • おもしろ有機化学ワールド



twitter

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ